初詣

【意味】 初詣とは、新年に初めて神社仏閣に参詣すること。初参り。初詣で。

【初詣の語源・由来】

「初」は名詞や動詞の連用形の上に付けて接頭語的に用い、「初めての」「新しい」といった意味を表し、「その年初めての」という意味でも多く用いる語である。
「詣(詣で)」は「参出(まゐいで)」から転じた「まゐで」が変化した語。
漢字の「詣」は「言」と「旨」からなり、言葉遣いに旨みがあるところまで上達することを表し、転じて、高い所にいきつくことを意味するようになった字である。
その意味がさらに転じて、神社や寺にお参りすることを表すようになり、「初詣」や「詣でる」など「参出」を表す字として使われるようになった。
本来、「初詣で」と表記するのが正しいが、一般的に「初詣」と表記され、俳句などでも「初詣」の表記が多く用いられる。

【関連語】

新しい(あたらしい) 縁日(えんにち) 御神酒(おみき)
御神籤(おみくじ) 鏡餅(かがみもち) 柏手・拍手(かしわで)
神(かみ) 巫・覡(かんなぎ) 賽銭(さいせん)
注連縄(しめなわ) 正月(しょうがつ) 除夜の鐘(じょやのかね)
奉る(たてまつる) 玉串(たまぐし) 手向け(たむけ)
一日・朔日・朔(ついたち) 寺(てら) 年・歳(とし)
鳥居(とりい) 和幣(にきて) 幣(ぬさ)
祝詞(のりと) 破魔矢(はまや) 晴れ着(はれぎ)
仏(ほとけ) 参る(まいる) 祭る・祀る・奉る(まつる)
巫女(みこ) 幣(みてぐら) 宮(みや)
睦月(むつき) 社(やしろ)

【関連リンク】

初詣の意味・類語

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス