ハタハタ

【意味】 ハタハタとは、スズキ目ハタハタ科の海水魚。全長約20センチ。体形はやや細長く側扁。秋田・山形沿岸で産卵のために押し寄せたものを漁獲する。食用。「ブリコ」と呼ばれる卵も食用。カミナリウオ。

【ハタハタの語源・由来】

ハタハタは雷の鳴る音を表した擬音語で、「ゴロゴロ」のようなものである。
古語で雷が鳴ることを「はたたく」といった。
ハタハタが雷に由来するのは、晩秋から初冬の雷が多く鳴る季節に海岸へやってくることからである。
ハタハタの漢字「鰰」は、雷のことを神に例えて「はたがみ」といったことから。
また、魚偏に雷と書いて「ハタハタ」を表すこともある。

【関連語】

秋(あき) イカナゴ・玉筋魚(いかなご) 海(うみ)
音(おと) カナギ カマスゴ・加末須古(かますご)
神(かみ) カミナリ・雷(かみなり) コウナゴ・小女子(こうなご)
魚(さかな) しょっつる シンコ・新子(しんこ)
スズキ・鱸(すずき) 卵・玉子(たまご) 冬(ふゆ)
ブリコ フルセ・古背(ふるせ) メロウド・女郎人(めろうど)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス