はしょる

【意味】 はしょるとは、省いて短く縮める。省略する。

【はしょるの語源・由来】

「端折る(はしおる)」が音変化した語で、元は着物の褄・裾を折り上げて帯などに挟むことを言った。
端を折って短く縮める意味から派生し、省略することを「はしょる」と言うようになった。
また、「おはしょりにする」とも言う。

【関連語】

いきなり 帯(おび) 折る(おる)
着物(きもの) 裾(すそ) ずんぐりむっくり
単刀直入(たんとうちょくにゅう) 小さい(ちいさい) 縮む(ちぢむ)
ちっちゃい ちっぽけ ちび
ちんちくりん 褄(つま) 挟む・挿む・剪む・鋏む
つんつるてん 端(はし) 省く(はぶく)
短い(みじかい)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

端折る(はしょる)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
はしょるの意味 - 日本語俗語辞書

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス