はした金

【意味】 はした金とは、ごくわずかな金銭。半端な金銭。はした銭(ぜに)。端た金。

【はした金の語源・由来】

はした金の「はした」は「端」に接尾語の「た」が付いた語で、「はしたない」の「はした」と同源。
「端」は「へり」や「ふち」など真ん中から遠い辺りを表す言葉だが、その他、「どっちつかず」「中途半端」といった意味もあり、「はした(端た)」はこの意味で用いられる。
このことから、はした金は「半端な金銭」を意味する。
また、「はした」は「中途半端」の意味から「数が不足しているさま」も表すため、「わずかな金銭」のことも「はした金」という。

【関連語】

泡銭(あぶくぜに) 御足・御銭(おあし) 数(かず)
金(かね) キャッシュ 現ナマ(げんなま)
コイン 小銭(こぜに) 若干(じゃっかん)
少ない(すくない) 少し(すこし) 銭(ぜに)
チャリ銭(ちゃりせん) 一寸・鳥渡(ちょっと) 二束三文(にそくさんもん)
端(はし) はしたない 縁(ふち)
縁(へり) マネー 目腐れ金(めくされがね)
僅か(わずか)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

はした金(はしたがね)の類語・同義語 - 類語玉手箱

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス