はしか

【意味】 はしかとは、麻疹ウイルスによる急性伝染病。くしゃみや咳などの飛沫感染によって起こる。潜伏期間は約10日間。発熱や咳など風邪のような症状に始まり、口内に白斑が現れ、赤い発疹が顔から全身に広がる。ましん。

【はしかの語源・由来】

語源は未詳であるが、「芒(はしか・のぎ)」とする説がある。
芒とは、稲や麦などイネ科植物の穂の先に針のように尖った堅い毛のことで、これに触れたように痛がゆくなることから「はしか」と呼ばれるようになったといわれる。
一見、音がマッチしたことからこじつけられた説のようにも見えるが、「芒」を形容詞化した語に「はしかい」があり、「ちくちくと痛がゆい」「こそばい」といった意味で用いられていることから、はしかの語源は「芒」と考えて良いであろう。
漢字の「麻疹(痲疹)」は「ましん」からの当て字なので、この漢字に語源をもとめることは不可能である。

【関連語】

赤(あか) 皹・皸(あかぎれ) 痣(あざ)
汗疹(あせも) アトピー 痘痕(あばた)
アレルギー 痛い(いたい) イネ・稲(いね)
疣(いぼ) インフルエンザ ウイルス
魚の目(うおのめ) 膿(うみ) 御出来(おでき)
顔(かお) 風・風邪(かぜ) 痒い(かゆい)
体(からだ) 傷(きず) 嚔(くしゃみ)
口(くち) 毛(け) ケガ・怪我(けが)
健康(けんこう) 瘤(こぶ) 痔(じ・ぢ)
霜焼け(しもやけ) 白(しろ) 蕁麻疹(じんましん)
咳(せき) 雀斑(そばかす) 胼胝・胝(たこ)
田虫(たむし) たん瘤(たんこぶ) ニキビ・面皰(にきび)
熱(ねつ) ノロウイルス 針(はり)
皹・皸・胼(ひび) 贅(ふすべ) 穂(ほ)
砲創・砲瘡(ほうそう) 黒子(ほくろ) 斑(まだら)
肉刺(まめ) 水虫(みずむし) ムギ・麦(むぎ)
面疔(めんちょう) 蒙古斑(もうこはん) 物貰い(ものもらい)
火傷(やけど) 病(やまい) ワクチン

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス