はしご

【意味】 はしごとは、高い所へ登るための道具。長い二本の材に足がかりとなる横棒を何本もつけたもの。階段。きざはし。梯。階子。ハシゴ。

【はしごの語源・由来】

はしごの「はし」は「橋」と同源の「はし(階)」で、離れたところをかけ渡すものの意味。
「ご」は「子」で、小さな横木のことである。
古くは、階段などの一段を「はしのこ」と言い、現代でも「はしのこ」と呼ぶ地方がある。
漢字の「梯子」の「梯」は、「木」と「兄弟のうち背の低い者」を表す「弟」からなる。
つまり、「弟」は「低い」と同系で、「梯」は低いところから登れるようにした木製のはしごを表している。

【関連語】

雲梯(うんてい) エスカレーター エレベーター
弟(おとうと) 踊り場(おどりば) 木・樹(き)
階(きざはし) 脚立(きゃたつ) 子(こ)
ステップ スロープ 背・背中(せ・せなか)
台(だい) 高い(たかい) タラップ
段々(だんだん) 道具(どうぐ) トンネル
縄(なわ) 上る・登る・昇る(のぼる) 橋(はし)
梯子酒(はしござけ) 梯子を外される 低い(ひくい)
ブリッジ 棒(ぼう) 櫓(やぐら)
廊下(ろうか) ロープ ロフト

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス