【意味】 箸とは、食べ物を挟むのに用いる二本で一対の棒。

【箸の語源・由来】

箸は「挟むもの」という意味で、その役割に由来する説。
端の方でつまむことから、「はし」になったとする説。
「橋」や「柱」など、その形状から「はし」になったとする説。
古くは、一本の棒を折り曲げ、ピンセットのように挟んで使うもので、鳥の嘴に似た形であったことから、「嘴(くちばし・はし)」を語源とするなど諸説ある。
これら箸の語源となる語は、相互に語源として扱われており、どれかが基というわけではなく、同じ語系と考えるべきであろう。

【関連語】

御玉杓子(おたまじゃくし) お櫃(おひつ) 串(くし)
嘴(くちばし・はし) 匙(さじ) ジャー
杓子(しゃくし) 杓文字(しゃもじ) スプーン
食べる(たべる) 茶碗(ちゃわん) 爪楊枝(つまようじ)
天目茶碗 トリ・鳥(とり) トング
丼(どんぶり) ナイフ ハサミ・鋏(はさみ)
挟む・挿む・剪む・鋏む 端(はし) 橋(はし)
柱(はしら) ピンセット フォーク
ヘラ・箆(へら) 弁当(べんとう) 棒(ぼう)
幕の内弁当 飯(めし) 料理(りょうり)
レンゲ・蓮華(れんげ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス