はさみ

【意味】 はさみとは、二枚の刃ではさんで物を切る道具。

【はさみの語源・由来】

はさみは、動詞「挟む(はさむ)」の連用形が名詞化した語である。
はさみの漢字「鋏」は、金属を表す「金」と両側からはさむさまを表す「夾」の会意・形成文字で、もとは、鍛冶で熱した金属を挟むのに用いる「金鋏(金箸)」の類を意味した。

【関連語】

合口・匕首(あいくち) 鉛筆(えんぴつ) 斧(おの)
鍛冶(かじ) 刀(かたな) カニ・蟹(かに)
鎌(かま) カンナ・鉋(かんな) 錐(きり)
切る・斬る・伐る(きる) ギロチン 櫛(くし)
クレパス クレヨン サーベル
シャープペンシル じゃんけん 硯(すずり)
算盤(そろばん) 鏨(たがね) 竹光(たけみつ)
太刀(たち) 剣(つるぎ) 出刃包丁(でばぼうちょう)
道具(どうぐ) 床屋(とこや) ドス
ナイフ 薙刀・長刀(なぎなた) 鉈(なた)
鈍ら刀(なまくらがたな) ノコギリ・鋸(のこぎり) ノミ・鑿(のみ)
糊(のり) 刃(は) 挟む・挿む・剪む・鋏む
箸(はし) バリカン ピンセット
フェルトペン 筆(ふで) ペンシル
包丁(ほうちょう) ボールペン 矛・鉾(ほこ)
ホッチキス 鉞(まさかり) マジックインキ
万年筆(まんねんひつ) ミシン メス(小刀)
銛(もり) 刃(やいば) やす
柳刃包丁(やなぎばぼうちょう) 槍・鑓・鎗(やり)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス