ハリセン

【意味】 ハリセンとは、蛇腹状に折った紙の一方をガムテープで巻いたもの。扇子状の部分で顔などを叩く。

【ハリセンの語源・由来】

頭や顔を張る(叩く)ための扇なので「ハリセン(張り扇)」の名がある。
能楽や講談などでは、叩いて音を出すために作られた専用の扇子を「張り扇(能楽では「はりおうぎ」、講談では「はりせん」)」という。
張り扇の「張り」は、親骨に紙や皮を張り包んでいるところからで、「張り」と言っても「ハリセン」の「張り」とは意味が異なる。
また、張り扇はハリセンのように叩く部分が広がっておらず、形状も異なる。

【関連語】

頭(あたま) 団扇(うちわ) 扇(おうぎ)
音(おと) 顔(かお) 紙(かみ)
皮・革(かわ) 拳骨(げんこつ) コント
蛇腹(じゃばら) 末広(すえひろ) 扇子(せんす)
叩く・敲く(たたく) 道具(どうぐ) どやす
殴る(なぐる) 叩く(はたく) 張る・貼る(はる)
パンチ びんた ぶつ・ぶつける
骨(ほね)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス