はっぴ

【意味】 はっぴとは、広袖か筒袖で、膝丈または腰丈の単衣の上着。職人が仕事着として着たり、祭りでみこしを担いだり太鼓を叩く人などが着る。印半纏。

【はっぴの語源・由来】

はっぴは、古代、束帯を着用する際に袍(ほう)や位襖(いあお)の下に着た、袖無しの胴衣「はんぴ(半臂)」が転じて「はっぴ」となった。
漢字の「法被」は、元は禅寺で椅子の背に掛ける布で「はふひ(ほうひ)」と言った。
「法被」は「はふひ」から転じて「はっぴ」とも言うようになったが、掛け布の「法被」と着物の「はっぴ」との間に物としての関連性が見られないため、同じ発音による当て字と思われる。
また、「半被」の漢字は、「法被」が当て字として用いられた以降、「半臂」と掛け合わせて作られた当て字と思われる。

【関連語】

イス・椅子(いす) 着物(きもの) 呉服(ごふく)
衣(ころも) 作務衣(さむえ) 襦袢(じゅばん)
印半纏(しるしばんてん) 甚平(じんべい) 背・背中(せ・せなか)
袖(そで) 太鼓(たいこ) 丈(たけ)
山車(だし) 襷(たすき) 壇尻・楽車(だんじり)
丹前(たんぜん) 褞袍(どてら) 布(ぬの)
羽織(はおり) 袴(はかま) ハチマキ・鉢巻(はちまき)
半纏(はんてん) ファッション 振袖(ふりそで)
祭り(まつり) 神輿・御輿(みこし) 浴衣(ゆかた)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス