はっぱをかける

【意味】 はっぱをかけるとは、強い言葉をかけて激励する。気合いを入れる。ハッパをかける。

【はっぱをかけるの語源・由来】

「はっぱ」は漢字で「発破」と書き、鉱山や土木工事などで爆薬を使って爆破することや、それに用いる火薬を表す。
発破のように激しく力強い言葉をかけるところからたとえて、「発破をかける」と言うようになった。
「葉っぱをかける」と誤表記されることもあるが、葉っぱをかけたところで何の強さもなく、気合いを入れることは出来ない。

【関連語】

誘う(いざなう) 戒める(いましめる) 引導を渡す(いんどうをわたす)
隗より始めよ 頑張る(がんばる) 口車(くちぐるま)
檄を飛ばす(げきをとばす) 嗾ける(けしかける) 元気(げんき)
言葉(ことば) 差し金(さしがね) 指図(さしず)
唆す(そそのかす) 袖を引く(そでをひく) ダイナマイト
強い(つよい) 葉(は) 激しい・烈しい(はげしい)
励む(はげむ) ハッスル 葉っぱ(はっぱ)
水を向ける(みずをむける)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス