半纏

【意味】 半纏とは、羽織を簡略化した丈の短い上着。胸紐をつけず細身の帯で締める。半天。半てん。

【半纏の語源・由来】

袖の丈が半分程度しかないため「半丁(はんてん)」と名付けられ、「まとう」を意味する「纏」が当てられ「半纏」、単に当て字され「半天」になったとされる。
しかし、「纏」の字を「てん」と読むのは、「半纏」以外に仏教用語で「煩悩」を意味する場合だけであることから、「煩悩」の意味に関連するといった見方もある。

【関連語】

帯(おび) カーディガン 着物(きもの)
呉服(ごふく) 作務衣(さむえ) 襦袢(じゅばん)
印半纏(しるしばんてん) 甚平(じんべい) 袖(そで)
丈(たけ) 丹前(たんぜん) 褞袍(どてら)
羽織(はおり) 袴(はかま) 法被・半被(はっぴ)
ヒモ・紐(ひも) ファッション 振袖(ふりそで)
祭り(まつり) 浴衣(ゆかた)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス