半畳を入れる

【意味】 半畳を入れるとは、他人の言動を茶化したり、非難したり、野次ったりすること。「半畳を打つ」「半畳」とも。

【半畳を入れるの語源・由来】

半畳は、江戸時代の芝居小屋で敷く畳半分ほどの茣蓙(ござ)のこと。
現在の座席指定料のようなもので、昔の芝居小屋の客席は土間であったため、観客が入場料として半畳を買い、これを敷いて見物していた。
役者の演技が気に入らないとヤジを飛ばし、この茣蓙を投げ入れたことから、「半畳を入れる」と言うようになった。

【関連語】

揚げ足を取る(あげあしをとる) 論う(あげつらう) 一言居士(いちげんこじ)
いちゃもん いびる 嫌味・厭味(いやみ)
入れる(いれる) 腐す(くさす) けちょんけちょん
けちをつける 虚仮にする(こけにする) 茣蓙・蓙(ござ)
屍に鞭打つ(しかばねにむちうつ) 敷く・布く(しく) 四の五の言う(しのごのいう)
芝居(しばい) 席(せき) 大根役者(だいこんやくしゃ)
畳(たたみ) 棚卸し・店卸し(たなおろし) チケット
茶化す(ちゃかす) 茶々を入れる(ちゃちゃをいれる) 土間(どま)
詰る(なじる) 皮肉(ひにく) ブーイング
野次る(やじる) 槍玉に挙げる(やりだまにあげる) 横槍(よこやり)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス