埴輪

【意味】 埴輪とは、古墳時代に古墳の上や周囲に並べられた素焼きの土製品。円筒埴輪と形象埴輪に大別される。

【埴輪の語源・由来】

埴輪の「埴(はに)」は、赤や黄色のきめ細かい粘土のこと。
埴輪の「輪(わ)」は、輪のように並べて立てたことからとする説と、初期の埴輪は筒形の「円筒埴輪」が中心であったため、その形状からとする説がある。

【関連語】

アバター アンドロイド 家(いえ)
市松人形(いちまつにんぎょう) イヌ・犬・狗(いぬ) イノシシ・猪(いのしし)
ウマ・馬(うま) 案山子(かかし) キャラクター
こけし サイボーグ 盾(たて)
ダルマ・達磨(だるま) 土(つち) 筒(つつ)
木偶(でく) てるてる坊主(ぼうず) ドール
人形(にんぎょう) 人間(にんげん) ぬいぐるみ
パペット ビスクドール 人(ひと)
雛人形(ひなにんぎょう) ヒューマノイド フィギュア
ベンガラ・弁柄(べんがら) マスコット マトリョーシカ
マネキン マリオネット モデル
靫(ゆき) ロボット 輪(わ)

【関連リンク】

「土偶」と「埴輪」の違い
埴輪の意味・類語

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス