半ドン

【意味】 半ドンとは、土曜日。半日休みの日。

【半ドンの語源・由来】

「半」は「半分」の意味、「ドン」は「ドンタク」の略である。
「ドンタク」は、オランダ語で「日曜日」「休日」を意味する「Zondag(ゾンターク)」に由来し、「博多どんたく」の「どんたく」の由来でもある言葉で、明治時代から使われている。
土曜日は半日が休みなので、半分のドンタクで「半ドン」と呼ばれるようになった。
その他、明治時代から太平洋戦争の頃まで、正午に空砲を撃つ地域があり、半日経った時間に「ドン」と撃つことからとする説。
「半分休みの土曜日」という意味で「半土」といったのが転じたとする説もある。
しかし、「日曜日」「休日」を「ドンタク」と言った時代に、半ドンの「ドン」が全く関係ない言葉であるのは不自然である。
「半ドン」という言葉が死語になったのは、企業や学校で週休二日制が導入されたためともいわれるが、それ以前からこの語はほとんど使われなくなっていた。
ただし、「半ドン」という言葉を使う場面が無くなったという意味においては、週休二日制の導入が理由となる。

【関連語】

アルバイト 会社(かいしゃ) 学校(がっこう)
ゴールデンウィーク サボる サラリーマン
仕事(しごと) ドンタク パートタイマー
博多どんたく(はかたどんたく) バカンス バケーション
花金(はなきん) 昼(ひる) ホリデー
休む(やすむ) 夜なべ(よなべ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス