甚だしい

【意味】 甚だしいとは、普通の程度をはるかに超えている。はげしい。

【甚だしいの語源・由来】

甚だしいは、副詞「甚だ(はなはだ)」を形容詞化した語。
上代に「極端」の意味を表す「はだ(甚)」という語があり、それを重ね合わせた「はだはだ」が変化して「はなはだ」になったと考えられている。
「はだ(甚)」の「は」は「端」の意味で、「だ」は接尾語である。
また、「はな(花)」は目立つものの形容にも用いられる語なので、甚だしいの「はなはだ」は「はな(花)」に「はだ(甚)」を合わせた語とも考えられる。

【関連語】

痛く・甚く(いたく) 著しい(いちじるしい) いと
言語道断(ごんごどうだん) 随分(ずいぶん) 凄い(すごい)
頗る(すこぶる) 凄まじい(すさまじい) 途轍もない(とてつもない)
迚も(とても) とんでもない 激しい・烈しい(はげしい)
端(はし) 花・華(はな) 端(はな)
酷い(ひどい) 一際(ひときわ) 箆棒(べらぼう)
無茶苦茶(むちゃくちゃ) 目覚しい(めざましい) 滅茶苦茶(めちゃくちゃ)
滅相もない(めっそうもない) 滅法(めっぽう) 物凄い(ものすごい)
やばい 余程(よほど) 歴然(れきぜん)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス