【意味】 花とは、種子植物の生殖器官。葉の変形である花葉、茎の変形である花軸から成る。ある時期に開き、多くは美しい色や香りを有する。

【花の語源・由来】

花の語源は、美しく目を引くことから物の突き出た先の部分を意味する「端(はな)」とする説、開く意味の「放つ」の「はな」とする説、「葉」に接尾辞の「な」が付いたとする説、「早生(はやくなる)」の意味、「春成(はるなる)」の意味など諸説ある。
植物学的に花は葉と茎の変形したものであり、特に目を引くのが葉の変形した花びらであることから、「葉」に接尾辞の「な」が付いたとする説が有力と思われ、これに「端(はな)」の意味が加わっていることも考えられる。
平安初期まで花は主に梅の花を言い、平安時代後期から桜の花を言うようになり、以降、日本を代表する花は桜となっている。
漢字の「花」は、つぼみが開き咲いて散るという、植物の部分の中でも著しく姿を変える部分であることを表して、草冠に化けると書く。
漢字の「華」は、芯がくぼんで丸まった花を表したもので、元は別字であったものが混同され、花と同様の意味で用いられるようになった。
「豪華」や「華がある」など、「花のような」といった形容詞的な意味を含んで用いらることが多くなったことから、現在では漢字を使い分けるとすれば「花」を植物に対して用い、「華」を形容的に用いるのが一般的となっている。

【関連語】

アオイ・葵(あおい) アオギリ・青桐(あおぎり) アカネ・茜(あかね)
アカバナ・赤花(あかばな) アケビ・木通・通草(あけび) アジサイ・紫陽花(あじさい)
アブラナ・油菜(あぶらな) アマ・亜麻(あま) アヤメ・菖蒲(あやめ)
イソマツ・磯松(いそまつ) イチョウ・銀杏・公孫樹 イネ・稲(いね)
イラクサ・刺草・蕁麻 色(いろ) イワウメ・岩梅(いわうめ)
イワタバコ・岩煙草 ウコギ・五加・五加木 ウマノスズクサ・馬の鈴草
ウメ・梅(うめ) ウリ・瓜(うり) ウルシ・漆(うるし)
エゴノキ 枝(えだ) 花魁(おいらん)
オオバコ・大葉子・車前草 雄蕊(おしべ) オシロイバナ・白粉花
オトギリソウ・弟切草 オミナエシ・女郎花 オモダカ・沢瀉(おもだか)
カエデ・楓(かえで) 香り・薫り・馨り(かおり) ガガイモ
カキ・柿(かき) 萼(がく) 華甲(かこう)
カタバミ・酢漿草 株(かぶ) ガマ・蒲・香蒲(がま)
花柳界(かりゅうかい) カンナ 木・樹(き)
キキョウ・桔梗(ききょう) キク・菊(きく) キツネノマゴ・狐の孫
キブシ・木五倍子・木付子 ギフト キョウチクトウ・夾竹桃
キンポウゲ・金鳳花(きんぽうげ) 茎(くき) 草(くさ)
クサトベラ・草とべら クノニア クマツヅラ・熊葛(くまつづら)
グミ・茱萸・胡頽子(ぐみ) クルミ・胡桃(くるみ) クロウメモドキ・黒梅擬
クワ・桑(くわ) ケシ・芥子・罌粟(けし) コサージュ
コキンバイザサ・小金梅笹 コケ・苔(こけ) 梢・杪(こずえ)
ゴマノハグサ・胡麻の葉草 咲く(さく) サクラ・桜(さくら)
サクラソウ・桜草(さくらそう) ザクロ・石榴・柘榴(ざくろ) サトイモ・里芋(さといも)
サボテン・仙人掌・覇王樹 莢(さや) シソ・紫蘇(しそ)
シナノキ・科の木(しなのき) シュウカイドウ・秋海棠 ショウガ・生姜(しょうが)
ジンチョウゲ・沈丁花 スイカズラ・忍冬(すいかずら) スイレン・睡蓮(すいれん)
スベリヒユ スミレ・菫(すみれ) セリ・芹(せり)
センダン・栴檀・楝 センリョウ・千両(せんりょう) ターネラ
タシロイモ・田代薯 タデ・蓼(たで) タヌキモ・狸藻(たぬきも)
種(たね) 散る(ちる) ツゲ・黄楊(つげ)
ツツジ・躑躅(つつじ) ツバキ・椿(つばき) 蕾・莟(つぼみ)
ツユクサ・露草(つゆくさ) ツリフネソウ・釣船草 蔓(つる)
ツルナ・蔓菜(つるな) ツルボラン ツルムラサキ・蔓紫
ディレニア トウダイグサ・灯台草 ドクダミ
刺・棘(とげ) トケイソウ・時計草(とけいそう) トベラ・海桐・海桐花(とべら)
トレマンドラ 菜(な) 苗(なえ)
ナス・茄子(なす) ナデシコ・撫子(なでしこ) ニシキギ・錦木(にしきぎ)
ニレ・楡(にれ) 根(ね) ノウゼンカズラ・凌霄花
ノウゼンハレン・凌霄葉蓮 ノボタン・野牡丹(のぼたん) ノラナ
葉(は) ハエモドルム ハゼリソウ
葉っぱ(はっぱ) 端(はな) ハナイ
ハナイカ・花烏賊(はないか) ハナシノブ・花忍 放す・離す(はなす)
ハナダイ・花鯛(はなだい) 花弁(はなびら) 花道(はなみち)
花も恥らう(はなもはじらう) 花も実もある 華やか・花やか(はなやか)
花より団子(はなよりだんご) ハマウツボ・浜靫 ハマジンチョウ・浜沈丁
バラ・薔薇(ばら) 春(はる) バンレイシ・蕃茘枝
ヒガンバナ・彼岸花 ビブリス ヒメハギ・姫萩(ひめはぎ)
ヒユ ヒルガオ・昼顔(ひるがお) ブーケ
ブートニア フウチョウソウ・風蝶草 フウロソウ・風露草
総・房(ふさ) フジウツギ・藤空木 ブドウ・葡萄(ぶどう)
フトモモ・蒲桃(ふともも) ブナ・山毛欅(ぶな) フラワー
プリザーブドフラワー ブルニア ベンケイソウ・弁慶草
穂(ほ) ホシクサ・星草(ほしくさ) ボタン・牡丹(ぼたん)
薪(まき) マタタビ・木天蓼(またたび) マツブサ・松房(まつぶさ)
マツムシソウ・松虫草 マメ・豆(まめ) マンサク・満作(まんさく)
実(み) ミカン・蜜柑(みかん) 幹(みき)
ミズアオイ・水葵・雨久花 ミズキ・水木(みずき) ミソハギ・禊萩(みそはぎ)
蜜(みつ) ミツガシワ・三柏・三槲 ムクロジ・無患子(むくろじ)
ムラサキ・紫(むらさき) 芽(め) メギ・目木(めぎ)
雌蕊(めしべ) モウセンゴケ・毛氈苔 モクセイ・木犀(もくせい)
モクレン・木蓮(もくれん) モチノキ・黐の木(もちのき) ヤナギ・柳・楊柳(やなぎ)
ヤブコウジ・藪柑子 ヤマゴボウ・山牛蒡 ヤマモガシ・山もがし
ユキノシタ・雪ノ下 ユリ・百合(ゆり) ラン・蘭(らん)
リムナンテス リュウゼツラン・竜舌蘭 リンドウ・竜胆(りんどう)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス