ハマナス

【意味】 ハマナスとは、バラ科の落葉低木。本州中部以北の海岸の砂地に群生。春から夏、紅色の五弁花をつける。

【ハマナスの語源・由来】

ハマナスは、「ハマナシ(浜梨)」の訛りとする説と、文字通り「浜辺のナス」で「ハマナス」になったとする説がある。
「ハマナシ(浜梨)」の訛りとする説は、夏から秋にかけて赤く熟す果実を食用とし、その形が梨に似ているところから「浜辺の梨」と呼ばれており、ハマナスは東北地方の海岸に多く、東北では「シ」を「ス」と発音することから、「ハマナシ」が「ハマナス」に変化したというものである。
この説で問題なのは、古くから文献には「ハマナス」の形で現れ、「ハマナシ」の形が見られるようになるのは、この語源が通説となってからという点である。
浜辺のナス説は、現在でこそ長いナスが出回っているが、江戸時代には丸い形のものが好まれており、形からたとえたとすれば問題なく、古くから文献に「ハマナス」として現れること、「トマト」も「赤茄子」と呼ばれていたことが挙げられているが、この説でもハマナシの説でも問題なのは、その「形」からたとえたと考えられている点である。
果実の形が丸いことではなく、味がナシに似ていることからではないだろうか。
「ハマナシ」が訛って「ハマナス」となった以降、文献に登場するようになったと考えれば、浜辺のナシに似た味のものとする「ハマナシ」が有力であろう。

【関連語】

アーモンド 赤(あか) 味(あじ)
アップル アプリコット アンズ・杏子・杏(あんず)
イチゴ・苺(いちご) イヌザクラ・犬桜(いぬざくら) ウメ・梅(うめ)
大島桜(おおしまざくら) カイドウ・海棠(かいどう) 形(かたち)
カリン・花梨(かりん) 木・樹(き) キイチゴ・木苺(きいちご)
サクラ・桜(さくら) サクランボ サンザシ・山査子(さんざし)
シャリンバイ・車輪梅 ストロベリー スモモ・李(すもも)
ソメイヨシノ・染井吉野 チェリー トマト
ナシ・梨(なし) ナナカマド・七竈 バクチノキ・博打の木
花・華(はな) 浜(はま) バラ・薔薇(ばら)
ピーチ 彼岸桜(ひがんさくら) ビワ・枇杷(びわ)
プラム プルーン ヘビイチゴ・蛇苺(へびいちご)
ボケ・木瓜(ぼけ) 実(み) モモ・桃(もも)
八重桜(やえざくら) ヤマブキ・山吹(やまぶき) ユキノシタ・雪ノ下(ゆきのした)
ユキヤナギ・雪柳(ゆきやなぎ) ラズベリー リンゴ・林檎(りんご)
ローズ

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス