ハマグリ

【意味】 ハマグリとは、マルスダレガイ科の二枚貝。内湾の砂泥にすむ。貝殻は丸みのある三角形で、殻表は滑らか。

【ハマグリの語源・由来】

形が栗の実に似ており、浜辺に生息していることから「浜栗」の意味が定説。
ハマグリは『日本書紀』にも記述が見られるように、古くから食糧にされている。
植物の栗も古代から重要な食糧であるため、「山の栗」に対して「海の栗」と考えたのであろう。
石を意味する古語「クリ」から「浜の石」の意味とする説もあるが、石に見立てた場合に「浜の」とする点は疑問。

【関連語】

アオヤギ・青柳(あおやぎ) アカガイ・赤貝(あかがい) アコヤガイ・阿古屋貝
アサリ・浅蜊(あさり) イガイ・貽貝(いがい) 石(いし)
イタヤ・板屋貝(いたやがい) 海(うみ) オイスター
貝(かい) カキ・牡蠣(かき) 殻(から)
カラスガイ・烏貝(からすがい) クリ・栗(くり) シオフキガイ・潮吹き貝
シジミ・蜆(しじみ) タイラギ トリガイ・鳥貝(とりがい)
バカガイ・馬鹿貝(ばかがい) 浜(はま) ホッキガイ・北寄貝(ほっきがい)
ホタテ・帆立貝(ほたてがい) マテガイ・馬蛤貝・馬刀貝 山(やま)
ワスレガイ・忘れ貝(わすれがい)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス