白書

【意味】 白書とは、経済や産業などの現状や将来の政策を知らせるため、政府が発行する公式の調査報告書。

【白書の語源・由来】

白書は、イギリス政府が発行する公式外交報告書「white paper」の邦訳。
「white paper」の名は、表紙が白いことに由来する。
日本で最初の白書は、昭和22年(1947年)の片山哲内閣が発表した『経済実相報告書』で、『経済白書』の名が登場したのは、昭和26年(1951年)のことである。
「青書」と呼ばれるものもあるが、これは「Blue Book」の訳で、イギリス議会の報告書の表紙の多くが青いことに由来する。
日本の白書の中で「青書」と呼ばれるのは、外務省の『外交青書』のみである。

【関連語】

青(あお) アナウンス アンケート
エッセイ 演説(えんぜつ) 書く・描く・画く(かく)
紙(かみ) 瓦版(かわらばん) 国(くに)
経済(けいざい) 告白(こくはく) コマーシャル
コラム 晒す・曝す(さらす) 小説(しょうせつ)
情報(じょうほう) 白(しろ) 新聞(しんぶん)
政治(せいじ) チラシ 手紙(てがみ)
内閣(ないかく) 日記(にっき) NEWS・ニュース
ノベル 白状(はくじょう) 話(はなし)
PR・ピーアール ビラ フィクション
文・書(ふみ) Blog・ブログ 本(ほん)
メモ リサーチ ルポルタージュ
レポート

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス