箱入り娘

【意味】 箱入り娘とは、みだりに外へ出さないよう大切に育てられた娘。

【箱入り娘の語源・由来】

箱入り娘の「箱入り」は、江戸時代、特に大切な物を箱に入れて保管したり、運んだりしたことから言ったもので、現代でも高価な商品は「箱入りの○○」「化粧箱入りの○○」として売られる。
そこから、箱に入っていないものでも比喩として使われ、「箱入り」は「大切なもの」「とっておきのもの」の意味で用いられた。
箱入り娘以外にも、「箱入りの思案(考えぬいた策)」「箱入りの芸(とっておきの芸)」といった形で使われていたが、それらの多くは「十八番(おはこ)」の形で表現されるようになった。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス