ハコベ

【意味】 ハコベとは、ナデシコ科の越年草。畑や山野、道端などに自生する。春、白色の小さな五弁花をつける。春の七草の一。食用とするほか、鳥の餌、利尿剤にする。はこべら。あさしらげ。

【ハコベの語源・由来】

ハコベは、「ハクベラ」が転じた「ハコベラ」が更に転じた語で、春の七草のひとつとしてあげる際には「ハコベラ」と呼ぶことが多い。
ハクベラ(ハコベ)の語源は諸説あり、「葉配り(はくばり)」の転とする説。
「ハク」は「帛(はく)」で茎から出る白い糸を「帛(絹)」に見立てたもの、「ベラ」は群がる意味の古語とする説。
「ハク」は漢字「繁」の漢音「ハン」で草が茂ること、「ベラ」は漢字「婁(ル)」で茎が長く連なった草のことで、漢語「ハンル(繁婁)」の音変化とする説。
「ハク」は二股に分かれた茎に小さな葉が付き、小さな飾り袴を腰に穿いているようであるところから「穿く・佩く(はく)」の意味、「ベラ」は股の外側に付いた葉っぱを指したもので「花弁(はなびら)」や「草片(くさびら)」の「びら」と同源とする説がある。
漢音「ハンル(繁婁)」の説は、ハコベの漢字「繁縷」にも通じ、意味も解りやすく発音も近いように思えるが、「ハクベラ」への音変化は難しい。
「ベラ」は「花びら」などの「びら」と同源とするのが一番自然と思われるが、「ハク」については断定が難しい。

【関連語】

糸(いと) ウシハコベ・牛繁縷(うしはこべ) 餌(えさ)
エンビセンノウ・燕尾仙翁 カーネーション カスミソウ・霞草(かすみそう)
ガンピ・岩菲(がんぴ) 絹(きぬ) 茎(くき)
草(くさ) ゴギョウ・御形・五形(ごぎょう) サボン草(さぼんそう)
茂る・繁る(しげる) シコタンハコベ・色丹繁縷 シレネ
白(しろ) スイセンノウ・酔仙翁 スズシロ・蘿蔔・清白
スズナ・菘(すずな) セキチク・石竹(せきちく) セリ・芹(せり)
センジュガンピ センノウ・仙翁(せんのう) ダイアンサス
タカネナデシコ・高嶺撫子 ツメクサ・爪草(つめくさ) ドウカンソウ・道灌草
トリ・鳥(とり) ナズナ・薺(なずな) ナデシコ・撫子(なでしこ)
七草粥(ななくさがゆ) ナンバンハコベ・南蛮繁縷 野(の)
ノミノツヅリ・蚤の綴 ノミノフスマ・蚤の衾 葉(は)
袴(はかま) 畑・畠(はたけ) 葉っぱ(はっぱ)
花・華(はな) 花弁(はなびら) ハマナデシコ・浜撫子
春(はる) ビランジ フシグロ・節黒(ふしぐろ)
フシグロセンノウ・節黒仙翁 フジナデシコ・富士撫子 ホトケノザ・仏の座(キク科)
道(みち) ムギナデシコ・麦撫子 ムシトリナデシコ・虫取撫子
群れ(むれ) 山(やま) ワダソウ・和田草(わだそう)
ワチガイソウ・輪違草

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス