はっけよい

【意味】 はっけよいとは、相撲で行事が動きの止まった両力士に対して発する掛け声。はっきょい。

【はっけよいの語源・由来】

はっけよいの「はっけ」は易占いの「八卦」のことで、「八卦良い」の意味とする説が一般には広まっており、日本相撲協会では「はっきょい」として「発気揚々」の意味と捉えている。
しかし、力士に対して動きを求めて発する掛け声なので、動詞の命令形と考えるのが自然である。
「はっ」が「ハヤ(早)」の転、「けよい・きょい」を「キホフ(競ふ)」の命令形「キホヘ」とし、「ハヤキホヘ(早く競いなさい)」が転じて「はっきょい」になり、更に転じて「はっけよい」になったとする説が良い。

【関連語】

合いの手(あいのて) 動く(うごく) 占い(うらない)
大関(おおぜき) 角界(かくかい・かっかい) 競う(きそう)
行司(ぎょうじ) 声(こえ) 小結(こむすび)
三段目(さんだんめ) 十両(じゅうりょう) 序二段(じょにだん)
序の口(じょのくち) 相撲(すもう) 関取(せきとり)
関脇(せきわけ) どすこい 早い・速い(はやい)
前頭(まえがしら) 幕内(まくうち) 幕下(まくした)
横綱(よこづな) らっせーら 力士(りきし)
わっしょい

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス