【意味】 墓とは、遺体・遺骨を葬る場所。また、しるしとしてそこに立てる石や木などの建造物。土を高く盛って築いた墓は「塚(つか)」、考古学上の墓は「墳墓(ふんぼ)」と言う。

【墓の語源・由来】

語源は諸説あるが、「果処(はてか)」の意味とする説や、「葬処(はふりか)」の略とする説あたりが有力とされる。
他に有力な説としては、生死の間は遥かであることから「遥か(はるか)」とする説や、「儚し(はかなし)」といった説もある。
漢字「墓」の「莫(バク)」の部分は、太陽が草の中に沈んで隠れることを示す会意文字で、「墓」の漢字には死者を見えなくする土盛りの意味がある。
日本では、646年の「薄葬令」で墓制を定めて、墳墓の規模が規制された。
墓標を立てる風習は、平安時代に造寺・造塔が盛んとなって、塔を立てる風習が生じたことによる。
角石形の墓標が普及したのは江戸中期以降で、寺院内に墓が造られることが一般化したのは江戸時代以降である。

【関連語】

荒城・殯(あらき) 石(いし) 往生(おうじょう)
お化け(おばけ) お彼岸(おひがん) お盆(おぼん)
骸骨(がいこつ) 戒名(かいみょう) 木・樹(き)
草(くさ) 悔やみ(くやみ) 賽の河原(さいのかわら)
三途の川(さんずのかわ) 死ぬ(しぬ) シャリ・舎利(しゃり)
髑髏(しゃれこうべ) 印・標・証(しるし) 卒塔婆(そとば)
塚(つか) 土(つち) 寺(てら)
塔(とう) ドクロ・髑髏(どくろ) 土左衛門(どざえもん)
喉仏(のどぼとけ) 果て(はて) 棺・柩(ひつぎ)
ピラミッド 葬る(ほうむる) 墓穴を掘る(ぼけつをほる)
菩薩(ぼさつ) 菩提(ぼだい) 仏(ほとけ)
骨(ほね) ミイラ 宮(みや)
冥土・冥途(めいど) 殯(もがり) 盛る(もる)
社(やしろ) 黄泉(よみ) ローソク・蝋燭(ろうそく)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス