派手

【意味】 派手とは、姿・形・色彩・服装・行動などが、華やかで人目をひくこと。また、そのさま。

【派手の語源・由来】

派手の語源は、「映え手(はえて)の変化した語とする説と「破手(はで)」の転とする説があり、後者が有力とされる。
「破手」は三味線組歌の用語で、古典的な組歌を「本手組」や「本手」と言い、それに対して従来の奏法ではなく、細かくにぎやかな奏法を「破手組」や「破手」と言った。
元禄から享保にかけて、「破手」は三味線用語から歌舞伎や遊里などを評する語として用いられ、宝暦には、華やかで美しいさまを表す語として用いられた。
さらに、人の気質や態度にも意味が拡大し、「粋」や「風流」などと一部同じ意味で扱われていたが、それらよりも劣る言葉として位置づけされ、江戸末期には「目立ちすぎる華やかさ」の意味が強調されるようになった。
漢字の「派手」は当て字で、江戸から明治にかけ「花美」や「華美」も当てられていた。

【関連語】

アクセサリー 艶やか(あでやか) 粋(いき)
色(いろ) 美しい(うつくしい) 大袈裟(おおげさ)
大盤振る舞い(おおばんぶるまい) 乙(おつ) 大人しい(おとなしい)
気質(かたぎ) 形(かたち) 歌舞伎(かぶき)
柄(がら) カラー 仰々しい(ぎょうぎょうしい)
煌びやか(きらびやか) けばけばしい 絢爛(けんらん)
豪華(ごうか) 豪奢(ごうしゃ) 豪勢(ごうせい)
ゴージャス コーディネイト 質素(しっそ)
地味(じみ) 三味線(しゃみせん) 酒池肉林(しゅちにくりん)
姿(すがた) スタイル 贅沢(ぜいたく)
贅を尽くす(ぜいをつくす) 伊達(だて) 手(て)
デザイン どぎつい 形振り(なりふり)
鳴り物入り(なりものいり) 花・華(はな) 華やか・花やか(はなやか)
ファッション 風流(ふうりゅう) メイク
物々しい(ものものしい) 遊里(ゆうり)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス