はだし

【意味】 はだしとは、足に何も履かないこと。また、素足のまま地面を歩くこと。

【はだしの語源・由来】

はだしは漢字で「裸足」と表記するため、「はだかあし(裸足)」の変化した語と思われがちだが、「はだあし(肌足)」の略である。
現代では足に履物を履かない「素足」と同様の意味でも用いられるが、本来は素足のまま歩くことに関して用いられた。

【関連語】

足・脚・肢(あし) 歩く(あるく) あんよ
靴・沓・履(くつ) 靴下(くつした) 玄人はだし(くろうとはだし)
下駄(げた) サンダル 地下足袋(じかたび)
素足(すあし) 素手(すで) スニーカー
スリッパ 雪駄(せった) 草履(ぞうり)
ソックス 足袋(たび) ヌード
脱ぐ(ぬぐ) 履く・穿く(はく) 肌・膚(はだ)
裸(はだか) パンプス ブーツ
ミュール 草鞋(わらじ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス