【意味】 肌とは、人などの体の表面。皮膚。はだえ。物の表面。気質。気性。

【肌の語源・由来】

語源は未詳であるが、体の内から端にあることから「はた(端)」や「はて(果)」からであろう。
「皮」も体の表面を覆っているものであるが、肌は表面上見える内側までを指すことが多く、それを覆う薄いものを「皮」と言うことが多い。
これは、「肌」が体の内から外に向かって端にあるもので、「皮」が外から見て内を覆うものと考えられたためではないであろうか。
「姉御肌」など「気質」や「気性」といった「中身」を表すのに対し、「皮」は「化けの皮」など「剥がれるもの」「覆っているもの」として表現されるのも、内から外に向かって生まれた言葉と、外側から見て生まれた言葉の違いが関係しているように思われる。
また、「肌」は「はだへ(はだえ)」とも言い、「へ(え)」は「辺」「方」の意味で、「はだへ」は「端辺(果辺)」「端方(果方)」と考えられるため、はだの語源は「端」や「果」からと考えて良いであろう。

【関連語】

アオハダ・青肌(あおはだ) 垢(あか) 皹・皸(あかぎれ)
痣(あざ) 汗疹(あせも) アトピー
痘痕(あばた) 油ギッシュ アレルギー
疣(いぼ) 入れ墨・刺青(いれずみ) 薄い(うすい)
内(うち) 鱗(うろこ) 靨・笑窪(えくぼ)
覆う(おおう) 御出来(おでき) 表(おもて)
顔(かお) 殻(から) 体(からだ)
皮・革(かわ) 肌骨を驚かす 傷(きず)
キハダ・黄肌(きはだ) 隈・曲・阿(くま) 毛(け)
ケガ・怪我(けが) 鮫肌(さめはだ) 尻尾(しっぽ)
霜焼け(しもやけ) 皺・皴(しわ) 蕁麻疹(じんましん)
外(そと) 雀斑(そばかす) タトゥー・TATTOO
血(ち) 爪(つめ) 鳥肌(とりはだ)
ニキビ・面皰(にきび) 肉(にく) 如来肌(にょらいはだ)
ハゲ・禿(はげ) 端(はし) 裸(はだか)
肌が合う(はだがあう) 肌砂(はだずな) 肌に粟を生ずる
肌を入れる(はだをいれる) 果て(はて) 羽・羽根・翅(はね)
髭・鬚・髯(ひげ) 一肌脱ぐ(ひとはだぬぐ) 雲脂・頭垢(ふけ)
贅(ふすべ) 砲創・砲瘡(ほうそう) 黒子(ほくろ)
骨(ほね) 瞼・目蓋(まぶた) 身(み)
面疔(めんちょう) 蒙古斑(もうこはん) 諸肌を脱ぐ(もろはだをぬぐ)
火傷(やけど)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス