ハチノス

【意味】 ハチノスとは、牛の第二胃。

【ハチノスの語源・由来】

ハチノスは、胃の内面の絨毛が蜂の巣のような網目状になっていることからの名。
同様の意味から、ハチノスは「蜂の巣胃」や「網胃」などとも呼ばれる。

【関連語】

網(あみ) 胃(い) イチボ
ウシ・牛(うし) ガツ カルビ
ギアラ ゲタ(肉) コブクロ
コリコリ サーロイン サガリ
シビレ シマチョウ シンタマ
巣(す) センマイ タン
チレ ツラミ テール
テッチャン テッポウ(直腸) テンダーロイン
肉(にく) ハチ・蜂(はち) ハツ
バラ肉(ばらにく) ハラミ ビーフ
ヒレ・フィレ・ヘレ フォアグラ ホルモン
マメ(腎臓) ミート ミノ
モツ ヤオキモ ヤサキ
ランプ(肉) レバー ロース

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス