はちまき

【意味】 はちまきとは、主に精神統一や気合を入れるために、頭に巻く細長い布を巻くこと。また、その布。鉢巻き。

【はちまきの語源・由来】

はちまきは、武士が武装する際、烏帽子が脱げ落ちるのを防ぐために、そのふちを布で巻いたものをいった。
「はち(鉢)」は頭(頭蓋骨)の形に見立てたもので、鉢(頭)に巻く布なので「はちまき」の名が付いた。
また、「鉢」を使って「はちまき」となったことには、かぶとの頭の上部を覆う部分が「鉢」と呼ばれていたことも影響したと思われる。

【関連語】

頭(あたま) 烏帽子(えぼし) おつむ
おでこ 傘・笠(かさ) 兜(かぶと)
カンカン帽(ぼう) 冠(かんむり) キャップ
キャロット(帽子) 蟀谷(こめかみ) 晒(さらし)
三度笠(さんどがさ) シャッポ 頭巾(ずきん)
ターバン タオル 襷(たすき)
ダルマ・達磨(だるま) 壇尻・楽車(だんじり) 角隠し(つのかくし)
ティアラ 手拭い(てぬぐい) テンガロンハット
鳥打ち帽子(とりうちぼうし) 梨子打ち烏帽子(なしうちえぼし) 布(ぬの)
鉢(はち) ハット 法被・半被(はっぴ)
ハンカチ バンダナ フード(頭巾)
武士(ぶし) ヘルメット 帽子(ぼうし)
巻く(まく) 祭り(まつり) 神輿・御輿(みこし)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス