ハブ

【意味】 ハブとは、クサリヘビ科のヘビ。全長2メートル前後。頭は大きな三角形で、上あごに二本の毒牙がある。夜間、ネズミや小鳥、カエルなどを捕食する。樹上や草むらにひそみ、人畜を襲う。

【ハブの語源・由来】

ハブは、ヘビ・マムシの古名や方言「ハミ」「ハビ」「ハンビ」「ハム」「パンプ」と同源で、沖縄方言から。
「ヘビ」を方言で「ハミ」という地方の中には、一般のヘビを「ヘビ」と呼び、有毒なヘビを「ハビ」と区別するところがある。
これは食べる意味の「食む(はむ)」に由来するためで、「ハブ」も「食む」からである。
ハブの「飯匙倩」の漢字は、ハブの頭がスプーン(ご飯を盛る匙)のような形をしているところから付けられたもので、「波布」は音からの当て字で特に意味はない。

【関連語】

アオダイショウ・青大将 顎(あご) 頭(あたま)
アナコンダ アマガサヘビ・雨傘蛇 アミメニシキヘビ・網目錦蛇
ウミヘビ・海蛇(うみへび) 蟒蛇(うわばみ) 大蛇(おろち)
カエル・蛙(かえる) ガラガラヘビ・がらがら蛇 ガラスヒバア
カラスヘビ・烏蛇(からすへび) 牙(きば) キングヘビ・キング蛇
クサリヘビ・鎖蛇(くさりへび) 蛇(くちなわ) 蝮(くちばみ)
御飯(ごはん) コブラ サイドワインダー
匙(さじ) サトメグリ・里回り(さとめぐり) サンドバイパー
シマヘビ・縞蛇(しまへび) ジムグリ・地潜(じむぐり) シロマダラ・白斑(しろまだら)
スネーク スプーン 食べる(たべる)
毒(どく) トリ・鳥(とり) ニシキヘビ・錦蛇(にしきへび)
ネズミ・鼠(ねずみ) ネズミトリ・鼠取り・鼠捕り パイソン
ハミ・蝮(はみ) ヒバカリ・日計・竹根蛇 ヒャッポダ・百歩蛇
ヘビ・蛇(へび) ボア(ヘビ) マムシ・蝮(まむし)
メガネヘビ・眼鏡蛇 メクラヘビ・盲蛇(めくらへび) 飯(めし)
ヤシキマワリ・屋敷廻り ヤマカガシ・赤楝蛇・山楝蛇 蟒蛇(やまかがち)
夜(よる)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス