はばかる

【意味】 はばかるとは、差し障りがあるとして遠慮する。差し控える。ためらう。幅をきかす。いばる。はびこる。

【はばかるの語源・由来】

はばかるは「はばむ」と同源で、本来は「ためらう」「遠慮する」の意味であった。
「憎まれっ子世にはばかる」など「幅をきかせる」「いばる」といった意味で用いられるようになったのは、はばかるの「はば」を「幅」と捉えた誤活用による。
「はびこる」と混同され、「いっぱいに広がる」の意味でも用いられる。
漢字「憚」の「単」は、薄く平たいはたきを描いた象形文字。
「心」と「単」からなる「憚」は、心が薄く平で上下に震えることを表している。

【関連語】

威張る(いばる) 忌む(いむ) 薄い(うすい)
疎む(うとむ) 遠慮(えんりょ) 驕る(おごる)
敬遠(けいえん) 高慢(こうまん) 心(こころ)
避ける(さける) 退く(しりぞく) 袖にする(そでにする)
躊躇う(ためらう) 慎む・謹む(つつしむ) 慎ましい(つつましい)
憎まれっ子世に憚る 跋扈(ばっこ) 幅(はば)
憚り(はばかり) 阻む・沮む(はばむ) 蔓延る(はびこる)
控える・扣える(ひかえる) 平たい(ひらたい) 震える(ふるえる)
ふんぞり返る(ふんぞりかえる) 遜る・謙る(へりくだる) ボイコット

【関連リンク】

「憚る」を含むことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語の一覧

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス