バッタもん

【意味】 バッタもんとは、極端な安値商品。ばったもの。

【バッタもんの語源・由来】

「ばった」は「投げ売り」を意味する古道具商の隠語であった。
そこから、商品を格安で売る店を「バッタ屋」と呼ぶようになり、正規ルートを通さず仕入れた商品を売る店も呼ぶようになった。
さらに、そこで売られている物を「バッタもん」と呼ぶようになり、正規ルートの仕入れ商品でないことから、偽物商品や粗悪品なども「バッタもん」と呼ぶようになった。
古道具商の間で「投げ売り」を「ばった」と呼ぶようになった由来は、バタバタ勢いよく落ちたりするさまを表す「ばったばった」「ばったり」などの擬態語からと考えられる。
バナナの叩き売りが板やハリセンを叩いて値を下げていくことから、叩く音に由来するといった説もあるが、この場合の擬音は「パンパン」や「ペンペン」が近いことや、叩き売りを「バッタ屋」と呼ばないことから考え難い。

【関連語】

アウトレット 商い(あきない) 商人(あきんど)
板(いた) イミテーション 売る(うる)
エセ・似非(えせ) 大盤振る舞い(おおばんぶるまい) 音(おと)
海賊版・海賊盤(かいぞくばん) 買う(かう) ガラクタ
クリアランスセール 食わせ物・食わせ者(くわせもの) コピー
護摩の灰(ごまのはい) 品物(しなもの) 商人(しょうにん)
セール 叩く・敲く(たたく) ダミー
ディスカウント 道具(どうぐ) 偽・贋(にせ)
二束三文(にそくさんもん) 似て非なるもの(にてひなるもの) 似る(にる)
バーゲン バザー バザール
パチモン バナナ ハリセン
フェイク ブランド ポンコツ
まがい物(まがいもの) 疑き(もどき) 安い・易い(やすい)
羊頭狗肉(ようとうくにく)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

バッタもん(ばったもん)の意味 - 日本語俗語辞書

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス