ばつが悪い

【意味】 ばつが悪いとは、その場の成り行きから、きまりが悪い。

【ばつが悪いの語源・由来】

「ばつ」はその場の具合や調子を意味し、「話の辻褄を合わせる」「調子を合わせる」の意味で「ばつを合わせる」とも用いられる語である。
ばつの語源には「跋」の意味からとする説と、「場都合」の略とする説がある。
「跋」は書物の後書きや結びを意味する語で、これらの意味から「具合」や「調子」の意味が派生することは、強引ではあるが考えられないこともない。
しかし、単に具合や調子を意味しているのでなく、「その場」という時間的な要素を多く含んだ言葉であるあため、「場都合」の略説が有力と考えられる。

【関連語】

赤っ恥(あかっぱじ) 後ろ暗い(うしろぐらい) 後ろめたい(うしろめたい)
面映い(おもはゆい) 会稽の恥(かいけいのはじ) 決まりが悪い(きまりがわるい)
具合(ぐあい) 沽券に関わる 忸怩(じくじ)
脛に傷を持つ 雪辱(せつじょく) 調子(ちょうし)
立つ瀬がない(たつせがない) 都合(つごう) 辻褄(つじつま)
咎める(とがめる) 恥(はじ) 恥ずかしい(はずかしい)
ばつを合わせる 話(はなし) プライド
見栄(みえ) 惨め(みじめ) メンツ・面子(めんつ)
面目(めんぼく) 疚しい・疾しい(やましい) 悪い(わるい)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス