バラ

【意味】 バラとは、バラ科バラ属の総称。低木で主に観賞用として栽培される。

【バラの語源・由来】

「茨・荊・棘(いばら)」の「い」が抜けた語。
イバラは「うばら」「うまら」「むばら」とも言い、イバラもバラも、バラやカラタチなど刺のある低木の総称であったが、バラは西洋バラをさすことが多くなった。
漢字の「薔薇」は中国語から入り、音読みで「そうび」や「しょうび」と読まれ、古今和歌集では「そうび」と詠われている。

【関連語】

アーモンド アップル アプリコット
アンズ・杏子・杏(あんず) イチゴ・苺(いちご) イヌザクラ・犬桜(いぬざくら)
ウメ・梅(うめ) 大島桜(おおしまざくら) カイドウ・海棠(かいどう)
カリン・花梨(かりん) 木・樹(き) キイチゴ・木苺(きいちご)
サクラ・桜(さくら) サクランボ サンザシ・山査子(さんざし)
シャリンバイ・車輪梅 ストロベリー スモモ・李(すもも)
ソメイヨシノ・染井吉野 チェリー 父の日(ちちのひ)
刺・棘(とげ) ナシ・梨(なし) ナナカマド・七竈(ななかまど)
バクチノキ・博打の木 花・華(はな) ハマナス・浜茄子(はまなす)
薔薇族(ばらぞく) ピーチ 彼岸桜(ひがんさくら)
ビワ・枇杷(びわ) プラム プルーン
ヘビイチゴ・蛇苺(へびいちご) ボケ・木瓜(ぼけ) モモ・桃(もも)
八重桜(やえざくら) ヤマブキ・山吹(やまぶき) ユキノシタ・雪ノ下(ゆきのした)
ユキヤナギ・雪柳(ゆきやなぎ) ラズベリー リンゴ・林檎(りんご)
ローズ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス