番茶

【意味】 番茶とは、煎茶用に摘んだ後に残る、やや硬い葉や茎から作る緑茶。

【番茶の語源・由来】

番茶は、遅い時期にできる茶の意味で「晩茶」と呼ばれ、最初に摘む「一番茶」に対し、二番目、三番目に摘んでつくる茶の意味で「番茶」の字が当てられた。
番茶の語源には、「番傘」や、京都の一般家庭で作られる「おばんざい(御番菜)」の「番(ばん)」に「普段の」や「日常の」、「粗末な」といった意味があるため、高級品ではなく日常に飲まれる煎茶より品質が劣った茶の意味で、「番茶」と名付けられたとする説もある。
しかし、元々「番」に「日常の」といった意味があったのではなく、「番茶」や「番傘」に「番」が付くことから、「番」に「日常の」の意味が加わったもので、この説は語源を辿る順序が逆である。

【関連語】

あがり(お茶) アマチャ・甘茶(あまちゃ) ウインナーコーヒー
ウーロン茶・烏龍茶 エスプレッソ 鴛鴦茶(えんおうちゃ)
遅い(おそい) お茶(おちゃ) 劣る(おとる)
御番菜(おばんざい) 堅い・固い・硬い(かたい) カフェイン
カフェオレ カフェコレット カフェモカ
カフェラテ カプチーノ カワヤナギ・川柳(かわやなぎ)
キャラメルマキアート 急須(きゅうす) 茎(くき)
コーヒー・珈琲 ココア 煎茶(せんちゃ)
粗末(そまつ) タンニン 摘む(つむ)
tea・ティー 鉄観音(てっかんのん) 甜茶(てんちゃ)
葉(は) ハーブ 晩(ばん)
番傘(ばんがさ) 普段(ふだん) 焙じ茶(ほうじちゃ)
ポリフェノール 抹茶(まっちゃ) マテ茶(ちゃ)

【関連リンク】

「煎茶」「玉露」「抹茶」「番茶」「ほうじ茶」「玄米茶」の違い
「番茶」を含むことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語の一覧

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス