跋扈

【意味】 跋扈とは、わがもの顔に振る舞うこと。勝手気ままに振る舞うこと。のさばりはびこること。

【跋扈の語源・由来】

跋扈の「跋」は、「踏む」「踏みにじる」「踏み越える」などの意味があり、ここでは「越える」の意。
跋扈の「扈」は、「枠」や「籠」を意味し、ここでは魚をとる竹製のやなのこと。
大きな魚が「扈」を飛び越えてしまうことから、ほしいままに振る舞うことをいうようになった。
このたとえは、中国後漢の梁冀を「跋扈将軍」と呼んだことからといわれ、日本でも平安時代から見られる。

【関連語】

居丈高(いたけだか) 一世風靡(いっせいふうび) 威張る(いばる)
横行(おうこう) 横柄(おうへい) 驕る(おごる)
籠・駕籠(かご) 嵩にかかる(かさにかかる) 闊歩(かっぽ)
傲岸(ごうがん) 高慢(こうまん) 傲慢(ごうまん)
越える・超える(こえる) これ見よがし(これみよがし) 魚(さかな)
したり顔(したりがお) 猖獗(しょうけつ) 図に乗る(ずにのる)
席巻・席捲(せっけん) 高飛車(たかびしゃ) タケ・竹(たけ)
跳梁(ちょうりょう) どや顔(どやがお) 憎まれっ子世に憚る
のさばる バッコヤナギ・跋扈柳 憚る(はばかる)
幅を利かせる(はばをきかせる) 蔓延る(はびこる) 盤踞・蟠踞(ばんきょ)
踏み躙る(ふみにじる) 踏む(ふむ) 振る舞う(ふるまう)
ふんぞり返る(ふんぞりかえる) 梁・簗(やな) 流行(りゅうこう)
枠(わく)

【関連リンク】

跋扈の意味・類語

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス