バカガイ

【意味】 バカガイとは、バカガイ科の二枚貝。浅海の砂底に生息する。殻長約8センチメートル。馬珂貝。クツワガイ。カムリガイ。

【バカガイの語源・由来】

バカガイは、死ぬと殻から朱色の足をだらりと出す。
この姿を馬鹿が舌を出した姿に見立てて名付けられたとする説が多く、最も有力な説とされている。
その他、この貝に似た「ウマカイ(旨貝)」が転じたとする説や、柱が美味なのに対し肉は劣ることからとする説がある。
別名を「アオヤギ(青柳)」とされることもあるが、正確にはバカガイの剥き身のことを「アオヤギ」といい、殻も含めた全体の別称ではない。

【関連語】

アオヤギ・青柳(あおやぎ) アカガイ・赤貝(あかがい) アコヤガイ・阿古屋貝
アサリ・浅蜊(あさり) 足・脚・肢(あし) イガイ・貽貝(いがい)
イタヤ・板屋貝(いたやがい) 海(うみ) オイスター
貝(かい) カキ・牡蠣(かき) 殻(から)
カラスガイ・烏貝 シオフキガイ・潮吹き貝 シジミ・蜆(しじみ)
舌(した) 砂(すな) タイラギ
トリガイ・鳥貝(とりがい) 肉(にく) バカ・馬鹿(ばか)
柱(はしら) ハマグリ・蛤(はまぐり) ホタテ・帆立貝(ほたてがい)
ホッキガイ・北寄貝 マテガイ・馬蛤貝・馬刀貝 身(み)
ワスレガイ・忘れ貝

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス