バドミントン

【意味】 バドミントンとは、球技の一。コート中央にネットを挟み、ラケットでシャトルコック(羽球)を打ち合う競技。「バトミントン」は間違い。

【バドミントンの語源・由来】

イギリス南部のグロスターシャーにあるボーフォート公爵の領地「Badminton」からとする説と、「バドルドー(バドルドア)アンドシャトルコック」という遊びからの説がある。
グロスターシャーのBadmintonに由来する説は、インドで行われていた皮の球をネット越しにラケットで打ち合う遊びがイギリスに伝えられ、最初に競技が行われたのがグロスターシャーのBadmintonであったことから、また、イギリスでこの遊びが紹介されたのがこの場所であったことからというもの。
「バドルドー(バドルドア)アンドシャトルコック」に由来する説は、上記の遊びが伝わる以前から、イギリスには、バドミントンのシャトルコックに似た球を打ち合う遊び「バドルドー(バドルドア)アンドシャトルコック」が伝わっていることから、「バドルドー(バドルドア)」が変化して「バドミントン」になったというものである。
バドミントンが普及し始めた頃は、「バドミントン・バドルドア」とも呼ばれており、インドから伝わったとされる19世紀には、既にルールが存在していたことから、「バドルドー(バドルドア)アンドシャトルコック」の説が有力との見方もある。
しかし、「バドルドー(バドルドア)」から「バドミントン」の変化は不自然で、「バドルドア」が変化したにも関わらず「バドミントン・バドルドア」と呼ばれることも不自然である。
競技の起源としてでなく、名称の語源としては、最初に競技が行われた場所がグロスターシャーのBadmintonであったと考えるのが妥当であろう。

【関連語】

オリンピック キンボール クリケット
コート(競技場) ゴルフ サービス
サーブ サッカー シャトルコック
スカッシュ スポーツ ソフトボール
玉・球・弾・珠(たま) テニス ドッジボール
ネット バスケットボール バレーボール
ハンドボール ピンポン フットサル
フットボール ホッケー ポロ
野球(やきゅう) ラグビー ラクロス
ラケット ルール

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス