エスケープ

【意味】 エスケープとは、逃亡すること。脱出すること。教室を抜け出して授業を怠けること。

【エスケープの語源・由来】

エスケープは、「逃げる」「免れる」を意味する英語「escape」からの外来語。
英語の「escape」は、ラテン語で「外套(マント)を脱ぐ」という意味の「ex cappa」から、古期フランス語を経由して英語に入り、「束縛から逃れる」という意味になった。
「外套」を意味する「cappa」は、レインコートを意味する日本語「合羽」の語源でもある。
日本では1900年代初頭から、旧制中学の学生語として「エスケープする」、また略した「エスる」の形で、授業を抜け出すことをいった。
現在では、「Esc(escape key・エスケープキー)」のように、操作の取り消しを意味するコンピュータ用語として多く用いられる。

【関連語】

一目散(いちもくさん) 怠る(おこたる) 隠れる(かくれる)
駆け落ち(かけおち) カッパ・合羽(かっぱ) 消える(きえる)
晦ます・暗ます(くらます) 消す(けす) コンピュータ
避ける(さける) サボる 出奔(しゅっぽん)
すっぽかす ずらかる 高飛び(たかとび)
逐電(ちくでん) ドタキャン ドロンする
どろんを決める とんずら 怠ける(なまける)
逃げる(にげる) 逃れる(のがれる) ばっくれる
ふける 這う這うの体(ほうほうのてい) 亡命(ぼうめい)
免れる(まぬがれる) マント 休む(やすむ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス