鉛筆

【意味】 鉛筆とは、木の軸に黒鉛の粉末と粘土を混ぜて焼き固めた芯を入れた筆記具。

【鉛筆の語源・由来】

語源は単純なようだが、正確には解っていない。
現在の鉛筆は、芯に炭素の同素体である黒鉛が用いられているが、1565年に英国で考案される以前は、芯が鉛の棒であったことから「lead pencil(鉛の筆)」と呼ばれており、この「lead pencil」を訳して、「鉛筆」になったとする説がある。
また、日本にはオランダ人が江戸初期に伝え、黒鉛を芯に使ったものであったからとする説もある。
530年頃成立した中国の詩文集『文選』にも「鉛筆」の語は見られるが、これは鉛を焼いた粉を墨のように用いた毛筆であるため、関係ないと見て良いだろう。
鉛筆の伝来は上記の通りだが、商品として広まったのは明治に入ってからである。
明治18年(1885年)、輸入品が一部の学校で使われはじめた。
明治20年(1887年)、眞崎仁六が『眞崎鉛筆製造所(現在の三菱鉛筆)』を設立し、日本で初めて量産を行った。
明治34年(1901年)、逓信省(現在の日本郵政公社)が眞崎鉛筆製造所の鉛筆を採用し、国産として初めて全国に供給された。
その後、小学校でも毛筆から鉛筆へ切り替えられるようになり、一般にも普及した。

【関連語】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

鉛筆(えんぴつ)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス