演歌

【意味】 演歌とは、日本的な歌謡曲一般。哀愁を帯びたメロディーと小節(こぶし)のきいた歌い方が特徴的。

【演歌の語源・由来】

明治初期の自由民権運動の高揚期、演説の取締りが厳しくなったため、代わりに歌の形で街頭演説したことから、「演歌」という言葉は生まれた。
やがて、街頭でバイオリンを弾きながら歌い、歌の本を売る者を「演歌師」と呼ぶようになり、政治風刺の目的から大道芸化して、「艶歌」とも称するようになった。
昭和に入り、酒や海、義理人情や男女の情感などをテーマに歌われるようになった。

【関連語】

合いの手(あいのて) アカペラ アリア
アルバム アンサンブル 歌・唄・詩(うた)
海(うみ) エレジー 演説(えんぜつ)
音(おと) オペラ オラトリオ
音楽(おんがく) 男(おとこ) 女(おんな)
カラオケ カルテット カンタータ
カンツォーネ 義理(ぎり) クインテット
口ずさむ(くちずさむ) コーラス コーラル(音楽)
コンサート 酒(さけ) 賛美歌(さんびか)
CD シャンソン 政治(せいじ)
ソロ デュエット トリオ
流し(ながし) バルカロール バイオリン
ヒム ボーカル 本(ほん)
ミュージカル ユニゾン リート
レクイエム レコード レシタティーヴォ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス