栄養

【意味】 栄養とは、生物が生命の維持、成長していくために、体外から取り入れること。また、その成分。

【栄養の語源・由来】

648年に編纂された『晋書』では、栄養は「孝養(親に孝を尽くすこと)」の意味で用いられていた。
中国の医書『脾胃論』で身体を滋養する意味で用いられ、「営養」と表記されるようになった。
これが日本の医学書にも伝わり、明治から大正にかけては「営養」が多く用いられたが、1918~20年頃から「栄養」が一般的となった。
「営養」から「栄養」への転換は、栄養学の創始者である佐伯矩が「栄養」に統一するよう提言したことによる。

【関連語】

生きる(いきる) 営む(いとなむ) 命(いのち)
エネルギー 親(おや) 糧(かて)
体(からだ) カロテン・カロチン カロリー
薬(くすり) 元気(げんき) 健康(けんこう)
栄える(さかえる) サプリメント 滋養(じよう)
食べる(たべる) タンパク・蛋白(たんぱく) 力(ちから)
飲む・呑む(のむ) ビタミン ミネラル
養う(やしなう)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

栄養(えいよう)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス