恵方巻き

【意味】 恵方巻きとは、節分にその年の恵方を向いて食べると縁起が良いとされる太巻き。丸かぶり寿司。恵方寿司。恵方巻。吉方巻き。

【恵方巻きの語源・由来】

恵方巻きの「恵方」は、陰陽道でその年の干支によって定められた最も良いとされる方角のことで、その方向に歳徳神(としとくじん)がいるといわれる。
その恵方に向かって巻き寿司を食べることから、「恵方巻き」や「恵方寿司」と呼ばれるようになった。
恵方巻きは、目を閉じて願い事を思い浮かべながら、恵方に向かって無言で一本丸ごとの海苔巻きを丸かぶりすることから、「丸かぶり寿司」や「丸かじり寿司」とも呼ぶ。
巻き寿司を切らず一本丸ごと食べるのは「縁を切らない」という意味が込められており、七福神にちなんで「かんぴょう」「きゅうり」「伊達巻」「うなぎ」など七種類の具材が入れられ、「福を巻き込む」という願いも込められている。
恵方巻きの起源は、江戸時代末期、大坂の船場で商売繁盛の祈願をする風習として始まったものといわれるが、正確な起源は未詳。
この風習は一時廃れたが、1970年代後半に大阪海苔問屋協同組合が道頓堀で行ったイベントによって復活し、関西地方では一般的な風習となった。
1990年代前半には一部のスーパー、1990年代後半には一部のコンビニで全国販売されるようになり、2003年~2004年には全国のスーパー・コンビニで販売され大きく宣伝されたことから、節分に恵方巻きを食べる風習は急速に全国へ広まっていった。

【関連語】

あがり(お茶) 洗い(あらい) 飯鮨・飯寿司(いいずし・いずし)
飯無し鮨(いいなしずし) 一夜鮨(いちやずし) 稲荷寿司(いなりずし)
イベント ウナギ・鰻(うなぎ) 卯の花寿司(うのはなずし)
干支(えと) 江戸前(えどまえ) 縁(えにし)
縁起(えんぎ) 大阪鮨(おおさかずし) お造り(おつくり)
おにぎり お呪い(おまじない) おむすび
齧る(かじる) かっぱ巻き(かっぱまき) 齧る(かぶる)
神(かみ) ガリ 干瓢・乾瓢(かんぴょう)
キュウリ・胡瓜(きゅうり) 切る・斬る・伐る(きる) 腐り鮨(くさりずし)
軍艦巻き(ぐんかんまき) 毛抜き鮨(けぬきずし) 験を担ぐ(げんをかつぐ)
杮寿司(こけらずし) 御飯(ごはん) 御幣担ぎ(ごへいかつぎ)
米(こめ) コンビニ 刺身(さしみ)
信太寿司(しのだずし) 信太巻き(しのだまき) シャリ・舎利(しゃり)
簀(す) スーパーマーケット 助六寿司(すけろくずし)
寿司・鮨・鮓(すし) 雀鮨・雀寿司(すずめずし) 節句(せっく)
節分(せつぶん) タタキ 伊達巻き(だてまき)
散らし寿司(ちらしずし) 釣瓶鮨(つるべずし) 鉄火巻き(てっかまき)
トロ 鳴門巻き(なるとまき) 馴れ寿司・熟れ鮨(なれずし)
海苔(のり) バッテラ PR・ピーアール
巻く(まく) ムラサキ・紫(むらさき) 飯(めし)
目張り寿司(めはりずし) 弥助鮨(やすけずし) ライス

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス