エゴマ

【意味】 エゴマとは、シソ科の一年草。全体にシソに似る。ゴマに似た種子から油をとる。

【エゴマの語源・由来】

エゴマの「ゴマ」は、種子がゴマの実に似ているところから。
エゴマの「エ」は、油をとるところから「え(得)」、味が良い意味で「え(良)」の説があり、前者が有力とされている。
しかし、エゴマの油が料理に用いられる際は、「アメゴマ」や「ウマゴマ」とも呼ばれ、「アメ」「ウマ」は「うまい」の意味なので、味が良い意味の「良」の説が妥当であろう。
漢字の「荏(ジン・ニン)」は、種を柔らかく包み込んだ植物の意味で、和語である「エゴマ」の語源とは関係ない。
エゴマの油は、「エゴマ油」「荏油(じんゆ)」「荏の油(えのあぶら・えのゆ)」と呼ぶ。
菜種油が量産されるまでは盛んに栽培され、料理に用いるほか、油紙や雨傘に塗ったり灯油などに使われた。
エゴマの葉は独特の香りがあり、日本人には好まれていなかったが、韓国料理が普及したことで見直されてきている。

【関連語】

アキギリ・秋桐(あきぎり) アキチョウジ・秋丁字 アキノタムラソウ・秋の田村草
油・脂・膏(あぶら) アブラナ・油菜(あぶらな) イヌコウジュ・犬香じゅ
イヌゴマ・犬胡麻(いぬごま) イブキジャコウソウ・伊吹麝香草 ウツボグサ・靫草(うつぼぐさ)
うまい 得る(える) エンメイソウ・延命草
大葉(おおば) オドリコソウ・踊子草 オレガノ
カイジンドウ・甲斐神頭 香り・薫り・馨り(かおり) カキドオシ・垣通し(かきどおし)
カゴソウ・夏枯草(かごそう) カワミドリ・河碧・川緑 キセワタ・着せ綿(きせわた)
キダチヒャクリコウ キランソウ・金瘡小草 草(くさ)
クラリセージ ケイガイ・荊芥(けいがい) コガネバナ・黄金花(こがねばな)
ゴマ・胡麻(ごま) コリウス・コレウス サルビア
シソ・紫蘇(しそ) シモバシラ・霜柱(しもばしら) ジャコウソウ・麝香草
ジュウニヒトエ・十二単 シロネ・白根(しろね) スパイクラベンダー
スペアミント セイボリー セージ
タイム(植物) タチジャコウソウ・立麝香草 タツナミソウ・立浪草
種(たね) タンジン・丹参(たんじん) チョロギ・草石蚕・甘露子
包む・慎む(つつむ) テンニンソウ・天人草 トウバナ・塔花(とうばな)
ナギナタコウジュ・薙刀香じゅ ナミキソウ・浪来草(なみきそう) ニシキゴロモ・錦衣(にしきごろも)
葉(は) ハーブ バジル
パチュリー・パチョリ ハッカ・薄荷(はっか) ハナトラノオ・花虎の尾
ヒキオコシ・引起(ひきおこし) ペパーミント ホトケノザ・仏の座(シソ科)
マージョラム・マジョラム マンネンロウ・迷迭香 ミカエリソウ・見返草
ミズトラノオ・水虎の尾 ミゾコウジュ・溝香じゅ ミント
ムシャリンドウ・武佐竜胆 メハジキ・目弾(めはじき) メリッサ
ヤクモソウ・益母草(やくもそう) ヤマジソ・山紫蘇(やまじそ) ヤマハッカ・山薄荷(やまはっか)
柔らかい・軟らかい ラバンジン ラベンダー
ラベンダーストエカス 料理(りょうり) レオノチス
レモンバーム ローズマリー

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス