江戸前

【意味】 江戸前とは、江戸風の事物一般。江戸近海。東京湾で獲れる新鮮な魚介類。

【江戸前の語源・由来】

江戸前は、文字通り「江戸の前方」、つまり「江戸の前面にある海」を指す言葉で、江戸の近海で獲れる新鮮な魚介類を「江戸前」と称した。
そこから、浅草川や深川などで獲れるウナギを「江戸前のうなぎ」と言うようになり、握りずしが人気を得るようになると、「江戸前寿司」と称するようになった。
「江戸前寿司」は、江戸前の魚を用いることから呼ばれるようになったものであるが、握りずしが江戸の発祥で「上方のすし」に対して「江戸風のすし」という意味が派生し、食の風味や人の性質など江戸の流儀であるものを「江戸前」と言うようになった。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス