エアロビクス

【意味】 エアロビクスとは、継続的に酸素を摂取しながら行う運動の総称。有酸素運動。エアロビック。エアロビ。

【エアロビクスの語源・由来】

英語「aerobics」からの外来語。
アメリカ空軍の軍医ケネス・H・クーパーが1967年に開発し、「好気性の」「有酸素の」を意味する「aerobic」から命名した。
1970年代にダンス形式のエアロビクスダンス(エアロビックダンスエクササイズ)が流行し、日本では1980年代にブームとなり、「エアロビクス」の語も一般に広まった。
このような経緯から、本来はジョギング・ウォーキング・サイクリング・水泳など有酸素運動の総称であるが、エアロビクスダンスを指して「エアロビクス」と呼ぶことが多い。

【関連語】

アクアビクス アネロビクス インストラクター
エクササイズ 健康(けんこう) 酸素(さんそ)
ジョギング ストレッチ スポーツ
ダイエット ダンス デトックス
トレーニング ピラティス フィットネス
ヨーガ・ヨガ リハビリ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス