あざ

【意味】 あざとは、色素細胞の異常増殖や皮下出血によって、皮膚が赤や紫などに変色した部分。

【あざの語源・由来】

あざは、「あざやか(鮮やか)」と同源。
古くは、「際立っていることもの」や「どぎついもの」を「あざ」と言い、「はっきりしていること」「鮮やかであること」を「アザアザ(鮮鮮)」といった。
現在は皮膚が変色した部分について「あざ」と言うが、昔は「ほくろ」「こぶ」「いぼ」など、皮膚にできるものの総称として「あざ」が用いられた。
「あざ」の漢字「痣」は、病垂れに「志(誌)」と書く。
「志」は「しるし」の意味で、本来、「痣」は皮膚にしるしを残すほくろを表し、「ほくろ」の漢字に「痣」が用いられることもある。

【関連語】

赤(あか) 皹・皸(あかぎれ) 鮮やか(あざやか)
汗疹(あせも) アトピー 痘痕(あばた)
アレルギー 疣(いぼ) 色(いろ)
魚の目(うおのめ) 膿(うみ) 御出来(おでき)
皮・革(かわ) 傷(きず) 際立つ(きわだつ)
ケガ・怪我(けが) 志(こころざし) 瘤(こぶ)
痔(じ・ぢ) 霜焼け(しもやけ) 印・標・証(しるし)
皺・皴(しわ) 蕁麻疹(じんましん) 雀斑(そばかす)
胼胝・胝(たこ) 田虫(たむし) たん瘤(たんこぶ)
血(ち) どぎつい ニキビ・面皰(にきび)
麻疹(はしか) 肌・膚(はだ) はっきり
贅(ふすべ) 砲創・砲瘡(ほうそう) 黒子(ほくろ)
肉刺(まめ) 水虫(みずむし) ムラサキ・紫(むらさき)
面疔(めんちょう) 蒙古斑(もうこはん) 物貰い(ものもらい)
火傷(やけど) 病(やまい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス