アユ

【意味】 アユとは、キュウリウオ目アユ科(サケ目アユ科)の淡水魚。秋に川で産卵し、孵化した稚魚は海で冬を過ごし、春に川を上る。香魚。年魚。

【アユの語源・由来】

アユは、産卵で川を下る姿から、「こぼれ落ちる」「滴り落ちる」という意味の「あゆる(零る)」が語源とされることが多いが、アユが川を下る姿はさほど印象的ではなく、「アユ」という音から近い言葉を探し、うまく意味が当てはめられただけと思われる。
アユの語源は上記のほか諸説あるが、非常に素早く動き矢のようであることから、アイヌ語で「矢」を意味する「アイ(ay)」が転じたものであろう。
漢字の「鮎」は、神功皇后がアユを釣って征韓の戦いを占ったことから「占魚」と当てたものである。
アユは縄張りを持つ魚なので、「占拠」「独占」の意味で「占」が使われたとも言われるが有力とはされていない。
中国でも「鮎」の漢字は使われているが、「魚」+「占(粘りつく)」からなる文字で「ナマズ」を指す。
「鮎」の漢字が中国から入り、ナマズの誤用でアユに変化したわけではないため、国字として扱うか論争になることも多い。
漢字は「鮎」のほか、一年魚であることから「年魚」、キュウリのような香りがすることから「香魚」とも書かれる。

【関連語】

アイナメ・鮎魚女・鮎並 アマゴ・甘子(あまご) アメマス・雨鱒(あめます)
イクラ イトウ・伊富・伊富魚(いとう) イモホリ・芋掘り(いもほり)
イワナ・岩魚(いわな) イワメ・岩女(いわめ) ウ・鵜(う)
海(うみ) 占い(うらない) うるか
落ちる(おちる) 香り・薫り・馨り(かおり) カペリン・キャペリン
カラフトシシャモ・樺太柳葉魚 カラフトマス・樺太鱒 川・河(かわ)
カワマス・河鱒(かわます) キュウリ・胡瓜(きゅうり) キュウリウオ・胡瓜魚
キリクチ・切り口(きりくち) キングサーモン ギンザケ・銀鮭(ぎんざけ)
クニマス・国鱒(くにます) ゴギ サーモン
魚(さかな) サクラマス・桜鱒(さくらます) サケ・鮭(さけ)
サツキマス・五月鱒・皐月鱒 シシャモ・柳葉魚(ししゃも) シラウオ・白魚(しらうお)
筋子(すじこ) 卵・玉子(たまご) ダンブリ
チカ 釣瓶鮨(つるべずし) トラウト
ナマズ・鯰(なまず) 縄張り(なわばり) ニギス・似義須・似鱚
ニジマス・虹鱒(にじます) 粘る(ねばる) ヒメマス・姫鱒(ひめます)
ビワマス・琵琶鱒(びわます) ベニザケ・紅鮭(べにざけ) マス・鱒(ます)
マスノスケ・鱒の介 矢(や) 弥助鮨(やすけずし)
ヤマメ・山女(やまめ) ワカサギ・公魚(わかさぎ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス