アタッシュケース

【意味】 アタッシュケースとは、薄い箱型の手提げ書類かばん。アタッシェケース。

【アタッシュケースの語源・由来】

本来、「アタッシェケース(attache case)」と言う。
「アタッシェ」は大使館員や大使館付駐在武官・書記官のことで、彼らが使用していたことから「アタッシェケース」と呼ばれるようになった。
一部(一般の辞書やアナウンサー、語源を知っている人など)が「アタッシェケース」を用いる程度で、基本的に日本では「アタッシュケース」と発音・表記される。
「アタッシュケース」を間違いとするむきもあるが、英語でも発音されることがあり、フランス経由でなくアメリカ経由で日本に入ってきたことを考えれば、「アタッシュケース」でも良いであろう。

【関連語】

アルミ 薄い(うすい) カーボン
籠・駕籠(かご) カバン・鞄(かばん) 蝦蟇口(がまぐち)
キスリング 巾着(きんちゃく) 財布(さいふ)
頭陀袋(ずだぶくろ) セカンドバッグ デイパック
トートバッグ トランク ナップサック
箱(はこ) バッグ バックパック
ビジネス 袱紗・帛紗・服紗(ふくさ) 袋(ふくろ)
ブリーフケース 風呂敷(ふろしき) ポーチ(小物入れ)
ポシェット ボストンバッグ ポチ袋(ぽちぶくろ)
ランドセル リュックサック

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス