後釜

【意味】 後釜とは、前任者が退いた後、その地位に就く人。また、その地位。後任者。後妻。後添い。後がま。

【後釜の語源・由来】

元々は、かまどの残り火が消えないうちに次の釜をかけることをいった語。
そこから、前任者が退いた後にすぐ代わる人のことを言うようになった。
特に、退く前から次を考えている意味が強く、悪いイメージで用いられることが多い。
「後釜に座る」という表現は、「地位」を表す言葉に「イス」や「座」があるためで、当たり前の話だが、火の点いたかまどの釜に座ったら火傷をする。
また、「あとがまえ(後構え)」の略で「後釜」は当て字とする説もあるが、上記の意味で使われていたことが確かなため、この説は考え難い。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス